株式会社 家守

IEMORIの家づくりでは専属の設計士による自由設計を採用しており、デザイン、ご予算、住宅性能など…住宅の仕様や内容もお客様のご要望に応え最善の方法でご提案いたします。

暮らし方はもちろん、土地や地域にとって最適な家づくりをご提案し貴方の理想の住まいを共に現実化いたします。

家をつくる構造

弊社の木造住宅は主に在来軸組工法を利用しております。長年の知識と経験を活かしてより質の高い家づくりを最大限に引出します。また、高性能プレウォール工法での建築も対応しております。
プレウォールは、柱や梁などの構造材と壁・床・間仕切りパネルを一体化した「壁面ユニット」を採用しています。パネル工法の合理性と在来軸組工法の自由性を両立した住宅工法です。

上棟作業と同時に断熱工事がほとんど完了します。現場作業が少ないので工期を短縮でき、建物をできる限り風雨から守ることができます。
軸組と床・壁パネルを組み合わせ、耐力壁をバランスよく配置する「モノコック構造」を採用。高い耐震性の実現に最適な建築構造です。
世界最高レベルの性能のフェノールフォームを採用。耐久性が高く何年経っても変わらぬ断熱性能を誇ります。
木造軸組工法(在来工法)とは、古くから日本の木造建築で使われていた柱と梁を組み上げた伝統的な工法を発展させたものです。 柱と梁で組み上げていき、斜めに留める「筋かい」という材を使用して接合部には金物を使い強度を高めているのが特徴です。
間取りの自由度が高いため、リフォームや増築が比較的容易にできます。将来、間取りの変更などをする時にこの可変性の高さは大きなメリットになります。
弊社の大工は長年の知識と経験を活かして木材の材質や特徴を見極め、より質の高い家づくりを最大限に引出します。
在来の構造用合板に比べ2倍以上の強度を持ち耐水性に優れているため、膨張しにくい材質となっています。
IEMORIではベタ基礎工法を取り入れています。建物全体の重さを面全体で支えるため地盤への負担が分散され、不同沈下に強い建物になります。基礎パッキンも使用することで建物全体の通気性が向上し湿気がこもりにくくなります。
住宅の骨組みとなる構造材は主に土台・大引は白蟻に強い桧材、管柱・通し柱には強度が高い赤松集成材、その他構造材には赤松や赤松集成材を使用しています。また、床面は剛床工法(根太レス工法)を採用し耐震性を向上させます。

家づくりの内容

IEMORI の住宅は標準仕様がございません。なぜならお客様によって最善の選択をご提案したいからです。自分の家を「好き」になってもらう家づくりをめざします。
ガルバリウムの特徴は金属で出来ているにもかかわらず非常に錆びにくく、亜鉛めっき鋼板の犠牲防食機能とアルミめっき鋼板の長期耐久性を合わせ持つため耐久性も強いです。また、軽量なため地震の際に揺れ幅が小さく倒壊などの被災を受けにくくなります。
歴史のある素材で耐用年数が非常に長いのが特徴です。また、瓦1枚 ずつ葺いていくので部分的な修繕が可能です。
屋根材のガルバリウムと同じく非常に錆びにくく長期耐久性を持ち、デザイン性にも優れているため人気の素材です。
外壁サイディング下地材に仕上の吹付塗装を施すことで凹凸のない綺麗でシンプルな仕上がりになります。また色も調色が可能ですので理想の外壁色が出来上がります。
一般的なサッシはアルミ等の金属ですが、「樹脂サッシ」は、そのフレームを樹脂として利用しています。アルミに比べると熱伝導率が約1000分の1と非常に断熱性が高く、外気との温度差によって生じる結露も生じにくいため、ダニやカビの発生も防ぐことができます。雪の降る北陸の地域には最適の窓です。
ガラスを熔解して繊維状にし、接着材を吹き付けて成形した断材。グラスウール板は不燃材料として認められいて、形状はボードやマット状でバラした綿のようにした状態などが使用されています。
ポリウレタン樹脂に発泡剤を加えて成形する断熱材です。 家全体を覆う“現場吹き付け発泡”による断熱工事を行うため、窓や筋交い周辺等の細かい部分にも隙間なく充填でき、高い気密性を実現します。
ポリスチレンを加熱溶融し、発泡剤、難燃剤を添加して製造された発泡プラスチック系断熱材です。硬質で耐圧力があり、吸水・吸湿性が小さいのが特徴です。外張り断熱工法や家の基礎部分の断熱によく使われます。
突き板とは天然木から削り出された厚さ0.2mm〜0.6mmほどのかなり薄い板のことで、それを表面に貼り付けたフローリングを突き板フローリングと言います。

突き板は個体ごとの微妙な狂いを気にする必要もないため、施工後も割れたり反ったりする心配がほとんどありません。また、床暖房対応の商品が多いため汎用性も高まります。
天然木ならではの独特の色と風合い、安らぎと心地よい肌ざわりが特徴で素材ひとつひとつで表情の異なる木目も無垢材ならではの魅力です。時を重ねるごとに深い飴色になり、より木目がなじんで美しくなっていき、経年変化を楽しめます。

定期的なメンテナンスや室内環境による反りなどは起こる可能性はありますが、より自然素材を直に感じられます。 
一般的に「壁紙」と呼ばれます。カラーが豊富でプリント柄や大理石調の模様、凹凸のあるエンボス加工など、様々なパターン展開ができます。また、耐久性が高く、消臭・抗菌・防カビなどの工夫された機能を備えた商品も次々に開発されています。

デザインのバリエーションが豊富なため、空間に合わせてコーディネートしやすいのも特長です。

しっくい塗は表面の仕上げ方によって和風・洋風どちらにでも合わせることができます。調湿性能・耐火性・消臭性が優れ、普段の生活環境によって快適な湿度にコントロールしてくれます。

しっくいにはホルムアルデヒドなどの物質を分解し、化学接着剤等を使用しない自然素材なため小さなお子様が安全に暮らす環境にすることが可能です。

暮らしの+α

IEMORIでは標準的な仕様の他にも、暮らしがもっと快適になる設備。自分の好きなインテリア。もっとオシャレ空間をつくり、理想の暮らしをご提案いたします。
あたたかい空気は上へ昇ってしまい、冬の部屋では足が冷えることがよくあります。しかし、床暖房は輻射熱を利用しているため足もとから心地よく暖めてくれます。

また、温風が吹き出すFF式ストーブやエアコンに比べてホコリが舞いにくく、風邪も起きないため冬場も乾燥しにくいのが特徴です。高温になる箇所がないため、高齢者や小さな子ども、ペットがいる世帯にも安心です。
造作家具とは、既製品で売られている家具とは違い、 その部屋のサイズや目的に合わせた造り付けの家具のことです。

既製品の家具はサイズが合わなかったり、配置後にデッドスペースが生まれてしまったりと、なかなか空間にマッチするものを選ぶのが難しいというデメリットがあります。

家具を製作するので、極端にお部屋を狭くするようなことはありません。それに色やサイズなどお部屋のイメージに沿ったオリジナルのものを作れるので、空間に一体感を出すことができます。
「アクセントウォール」とは、その言葉の通り部屋の中の空間でアクセントとなるような壁のことをさします。壁は色や模様を変えるだけでもがらりと空間の雰囲気を変える効果があるため、部屋に個性を求めたい方に人気です。

「アクセントウォール」を取り入れることで、部屋の中に目を引く「フォーカスポイント」を作ります。

このフォーカスポイントを中心に、家具や小物、照明などを配置していくことで、おしゃれな空間を簡単につくりだすことができるようになります。